現役トップセールスK

Xマーケット(友達マーケット)がほぼゼロの状態から市場を開拓した(個人保険だけ週3日稼働でMDRT基準達成)経験をもとにコンサルも実施中ですが、全員は受けてません。

「1年でゼロからMDRTになる方法」を伝えています。

「売れなくする指導」がとても多い中正しい情報を得るのは非常に難しくなっています。
完全にゼロからスタートし成功する成功法を入手しませんか?

メールマガジンは、完全無料でノウハウを公開しています。不要であればワンクリックでいつでも解除出来ます。
————————————–

楽して保険を売り続ける成功ノウハウをメールマガジンでお届け)

営業に関する無料相談受け付けています(LINE@限定)

保険営業において、全ての行動は良い口コミの為にある

保険営業において、全ての行動は良い口コミの為にある

紹介営業とは、良い口コミを起こす事

営業マンの行動は、全て「良い口コミ」を起こすことを目標にしなければならない。初対面から申し込みまでの流れは、「紹介入手」の為のプレゼンテーションとも言える。

「契約」と「紹介入手」は目的が違います。

「契約」を強引にすると、紹介は出にくくなります。
逆に紹介入手は強引に行かないと獲得人数は減ります。
「営業マンはお願いするな」は申し込みまでの話です。

紹介依頼はお願い以外ありえません。
もちろん、相手が喜んで紹介をくれれば良いですが、常に紹介を獲得するには強引さも必要です。

買うか買わないかを判断するのはお客様です。
だから契約は迫っては行けません。

紹介の目的は、情報提供です。
良い情報を提供するだけです。
だからこそ営業マンは強気にならなければなりません。

申込書を書き終わるまでは「とても良い人」でかまいませんが、紹介依頼は「ちょっと強引だな」位でちょうど良いです。

良い話をお客様の知り合いにも伝えたいだけです。良い事をする訳なのでお客様も悪い印象にはなりにくいです。

「契約」はお願いしてはいけません。しかし「紹介」はお願いしなくてはいけません。

切り替えが大事です。プロの保険営業マンとしての態度を示すことが重要です。